抜け毛防止シャンプーの効果は期待できるのか?

抜け毛の原因を解決する、抜け毛防止シャンプー

抜け毛防止シャンプーがどうして抜け毛に効果があるのかといえば、抜け毛の症状を引き起こしてしまう根本的な原因、頭皮環境の悪化を正常化させる役割があるからではないでしょうか。

いわゆる市販の普通のシャンプーで髪を洗うと、洗浄力が強すぎることや、合成界面活性剤やシリコンの多用によって頭皮の皮脂を必要以上に奪ったり、皮脂や汚れで毛穴を詰まらせてしまうことによって抜け毛症状が引き起こされる可能性があります。

しかし抜け毛防止シャンプーは頭皮の皮脂を必要以上に奪ってしまうことなく優しく洗い上げ、なおかつシリコンや不安な合成界面活性剤を使っていないものが多いので頭皮に付着して詰まらせてしまうような成分が少ないです。そのため頭皮環境が悪いがために抜け毛が増えていた人には、シャンプーを抜け毛防止シャンプーに変えるだけでも効果があると言われています。

抜け毛防止シャンプーの効果を実感するためには

女性の横顔

抜け毛防止シャンプーで抜け毛が完全に防止できるのかと言われれば100%そうでもなく、全く効果を感じられなかった人や、中には抜け毛が増えてしまったという人も存在します。名前だけは抜け毛防止、抜け毛に良いと書かれていても蓋を開けてみれば市販の普通のシャンプーと同じ成分のものが多かったり、自分の頭皮に合わない成分が入っていたおかげで逆に頭皮環境が悪化してしまえば当然ですが効果が出てきません。

しかし、ちゃんと効果があると言われている抜け毛防止シャンプーを使っても、肌に合わないわけではないのに効果がないという人は、その人のシャンプーの仕方に問題がある場合が考えられます。

シャンプーの目的といえば、髪や頭皮の汚れをきちんと落とすことですが、正しいシャンプー法ができていないために頭皮の汚れがきちんと落としきれないという人が非常に多いです。どれだけシャンプー剤を変えたとしても、頭皮をちゃんと洗えていないのなら効果が出ないのは当然です。洗浄力云々の前に、頭皮を洗うことを意識してシャンプーをすることが先決です。

抜け毛防止シャンプーの効果を実感するには、抜け毛防止シャンプーできちんと頭皮を洗えるかどうかにかかっています。いきなりシャンプーをつけて泡立てたりするのではなく、先に頭皮をお湯だけで予洗いしたり、指の腹で丁寧に頭皮を洗っていくことで頭皮の汚れがきれいに落ち、なおかつ抜け毛防止シャンプーの成分のおかげで必要以上に皮脂を落としてしまうことなくきれいに洗い上げることができるのです。汚れのない頭皮からはきちんと髪が成長できるので抜け毛も予防できます。

育毛シャンプーは市販の普通のシャンプーと何が違うのか?

大きな違いは洗浄成分が違うこと!

抜け毛や薄毛に悩み始めたら、育毛シャンプーを買ってみようかなと思い始めることが多いですよね。しかし育毛シャンプーは市販のシャンプーと比べて少しお値段が高いので、頭を洗うだけなのに何が違うんだろうと考えてしまう人も多いです。

また、シャンプーを市販のものから育毛シャンプーに変えるというだけでも劇的に改善したという人もいるので、何がそんなに効果をもたらしているんだろうと不思議に思うことも。

育毛シャンプーと市販の普通のシャンプーの大きな違いといえば、洗浄成分の違いです。

市販されている普通のシャンプー、いわゆるお手頃価格のシャンプーは高級アルコール性のシャンプーが多いです。高級アルコール性シャンプーとは、髪や頭皮にあまりよくない合成界面活性剤が使われいるシャンプーのこと。成分表を見て、ラウリル硫酸、ラウレス硫酸などの文字が書かれているものはとても強い洗浄力を持つ界面活性剤の一つです。合成界面活性剤は安価に作ることができるので、コストを抑えて商品を作る際には扱いやすいのです。

確かにシャンプーしたときは泡立ちもよく香りもいいので、頭皮に良さそうと感じがちなのですが、洗浄力が強すぎるおかげで知らないうちに頭皮にダメージを与えていることにもなります。もともと頭皮になんらかの悩みを抱えている人にとっては、市販のシャンプーが命取りになる場合もあるのでおすすめできません。

一方、育毛シャンプーの洗浄成分はほとんどがアミノ酸系の成分です。アミノ酸系成分の特徴は、頭皮の皮脂を必要以上に取り除くことなく、不要な汚れや皮脂のみを洗浄してくれる頭皮に優しい成分なのです。頭皮に刺激を与えずに頭皮環境を整えてくれる成分が多く含まれているため、髪も育ちやすくなります。

育毛シャンプーなら頭皮に負担をかけず、栄養を与えることもできる

シャンプーの泡

育毛シャンプーはアミノ酸系のシャンプーであることが多いのですが、このアミノ酸は頭皮を優しく洗ってくれるだけでなく、髪に栄養を与えることもできる優れものです。

髪を構成するたんぱく質の元ともなるアミノ酸を使っているわけですから、頭皮に優しいのはもちろん自然と頭皮や髪の栄養分となるのです。

1度使うだけですぐに育毛効果があるというわけではありませんが、使い続けるうちに頭皮環境を整え、さらに弱っている髪や頭皮に栄養を与えていってくれるので、結果的には健康な髪や頭皮を作ることができるのです。

白髪の原因のひとつは生活習慣

白髪の原因となる生活習慣

白髪ができてしまう原因は、加齢だけではありません。不規則な生活や栄養の偏った食生活、喫煙、飲酒、運動不足など様々な生活習慣によって白髪を増やしてしまっている場合も多いです。特に白髪ができやすい生活習慣を続けている人は、すぐに白髪にならなくても髪や肌がどんどん老化していきます。

そもそもどうして白髪ができてしまうのでしょうか。これは髪の毛に色をつけるメラノサイトが正常に働かなくなってしまうことによって色がつけられなくなってしまい、髪全体が白くなってしまうのです。白髪ができやすい生活習慣というものは、それだけこのメラノサイトに影響を及ぼしてしまっている可能性があります。

私たちがよくやってしまいがちな白髪の原因となる生活習慣は栄養が偏った生活もありますが、特に血行を悪くしてしまうような生活が白髪を作りやすいと言われています。というのもメラノサイトに色をつけるように指令を出せても、色をつけるだけの栄養を運ぶ血流が悪ければなかなか思うように色がつきません。そのため栄養バランスの良い食生活を送るだけではなく、血流を改善させる生活を行うことが大事なのです。

特に運動不足、会社と家の往復しかしないような人やストレスを溜めがちな人、さらに喫煙をしてしまう人などは血流が悪い人が多く、白髪も増えてしまう原因をたくさん持っています。

血行を良くするには運動不足は大敵です。頭皮の方に血が巡らなければ、白髪が増えるどころか毛が抜けてしまうという可能性も。運動する時間もないぐらい忙しいという場合は、ストレッチや伸びをこまめにしてみたり、階段を使ってみたり、休みの日は少し外を散歩してみるといったことから始めてみてください。長時間のデスクワークも血流を滞らせてしまいます。

また、ストレスを感じると人は筋肉がこわばり、血管が収縮してしまいます。そのため血行不良を起こしてしまうのです。日頃から我慢をしすぎない生活を心がけましょう。ストレス発散法はないよりもあった方が絶対にいいのですが、ストレス発散のために喫煙をするのはいただけません。たばこに含まれているニコチンは血管を収縮させてしまいます。そのため、全身の血行が悪くなり、白髪だけでなくシワやたるみといった肌の老化まで加速させてしまうので美容のためには禁煙をすすめます。禁煙することでそれがストレスになるという人もいますが、喫煙を続けた人の肌の状態を知ると、自然とやめようと思う人も多いそうです。

生活習慣を正して白髪のできる原因を減らそう

リラックスする女性

いきなり規則正しい生活に戻すというのは大変です。少しずつでも改善していけるものは改善していきましょう。例えばコンビニ弁当ばかり食べていたのであれば、コンビニ弁当でも栄養バランスを意識して品物を選んでみたり、ストレスを溜めないようにお風呂に入ってリラックスできる時間や、好きなことをする時間を増やしてみたり、些細なことでも白髪を減らすことには繋がります。

結果が出てくると不思議なもので、今度は徹底的に頑張ってみようと思えるものです。まずは少しでも白髪のできる原因を減らして、白髪のできにくい体を作ることから始めてみませんか。

女性の薄毛に関する悩みをまとめてみる

薄毛は自分がどのタイプか見極めてから改善する

薄毛に悩んでいるという女性は多いですよね。しかしどうして薄毛になってしまっているかまで考えたことはあるでしょうか?実際に薄毛を改善しようとするのであれば、何が原因で薄毛になっているかがわからないといけません。

場合によっては原因を取り除くだけで改善する場合や、時間が解決してくれる薄毛の症状もあります。反対に、早めに専門機関で診てもらった方がいいという薄毛もあります。

女性に最も多い薄毛の症状はびまん性脱毛症と言われています。男性のように頭頂部など部分的に薄くなるのとは違って、髪の毛全体が薄くなっていくタイプの脱毛症です。主な原因はストレスやダイエットなどによる栄養不足、ホルモンバランスの乱れによるもの。髪の毛の成長が止まってしまい、最終的には抜け落ちてしまいます。ごっそり抜けるというよりは少しずつ抜けていくのでなかなか気づくことができず、薄い!と気づいた時にはもうかなり進行してしまっている場合があります。

髪が細くなってきたり、コシやハリのない毛ばかり生えてきたり、ヘアスタイルが決まらなくなってきたらびまん性脱毛症を疑ってください。びまん性脱毛症になったからといって落ち込むことはありません。実は一番改善しやすいのもこの脱毛症。もちろん適切なヘアケアも大事ですが、毛が成長を止めてしまっている原因となるストレスや栄養不足を改善させるだけでも治ることは多いです。

20代後半から30代に多い薄毛の悩みは、妊娠や出産による抜け毛による薄毛かもしれません。特に出産後に起こる分娩後脱毛症は、出産してから1年ほど時間をかけて自然に回復してきますので、一時的なものです。しかしホルモンバランスが崩れっぱなしであれば治りも遅いので、バランスの良い食生活やストレスを溜めない生活を心がけるといいでしょう。

中にはヘアスタイルが原因で薄毛になってしまっている場合もあります。まとめ髪やアップスタイルを付けていることで、長時間ずっと髪の毛が引っ張られていることになり頭皮にも負担がかかって抜けてしまいます。ずっとドレッドヘアにしている人が剥げてしまっているのもそのためです。早く回復させたいという場合は頭皮の血行をよくするのはもちろん、まず頭皮に負担のかからない髪型にするというのが有効です。

ポニーテールの女性

薄毛は髪のハリやコシをアップさせれば大丈夫な場合もある

実際に薄毛にはなっていなくても、加齢や老化で髪にハリやコシがなくなってしまうことで「髪が少なくなったな」と感じてしまうことも多いです。脱毛症を疑う心配のない人も薄毛に見える症状で悩んでしまっているわけですが、それなら髪の毛のボリュームをダウンさせないような対策を考えましょう。

髪の毛の乾かし方一つでもボリュームは変わりますし、髪が細くならないような正しいシャンプー法を身につけるというのも大事なことです。髪の量は十分なのに髪が細くて薄毛に感じるという人は、髪質に合ったシャンプーやトリートメントで正しくヘアケアをすることから始めてみましょう。頭皮ケアも同時に行えば、これから生えてくる髪は太くてしっかりとした髪になります。

30歳を過ぎたら白髪対策をしよう

まだ平気?白髪対策は早めの方がいい!

ストレス社会の現代に生きる人は白髪も早く出てくると言われています。特に女性は30代になると妊娠や出産、さらに子育てしながら家事や仕事という風にどんどん忙しくなってしまい、ホルモンバランスが乱れたままストレスも溜まり、なかなか改善しないという人も多いです。

そのため、一般的には30後半ぐらいから白髪に悩む人が増えますが、すでに30歳でも白髪がたくさんという女性も多いのです。白髪を見つけてしまうと「まだ30代なのに、老けたのかな」なんてがっかり思ってしまう気持ちもわかります。とはいえ白髪ができてしまう原因を知り、きちんと対策をしていくことで白髪でも元どおり黒い髪に戻すことや白髪を減らすことも可能なのです。

「老けたかな」で済ませるのではなく、30歳を過ぎたら白髪対策をしてみましょう。いつまでも黒々とした髪は、若さの象徴。逆に白髪があると実年齢より上に思われてしまうかもしれません。

白髪の原因とその対策

マッサージする女性

30代の女性であっても白髪の主な原因はやはり老化、加齢です。さらに妊娠や出産によるホルモンバランスの乱れや、仕事や育児、生活環境などにストレスを抱えてしまっているために、白髪が多くなってしまっている女性は多いです。

いずれも血流が悪くなってしまい、髪にまで栄養がしっかりと行き届かないために白髪になってしまいます。どれだけ栄養バランスの良い食事をしていたとしても血流が悪く、血液が少ない状態であれば白髪恥ずっと白髪のまま、色をつけることすらできません。

そこで有効なのが冷え性対策。冷え性対策は白髪対策と少し似ている部分が多いのです。体が冷えると当然血流は悪くなります。冷え性が引き起こす症状は、血流が悪くなることで起こる症状なのです。つまり冷え性の人も白髪ができやすいということになります。

そのため、冷え性を改善していけば自然と血流も良くなり、白髪も改善させることができるのです。気持ち的にも「白髪を治すぞ」と思うより「冷え性を治そう」と思う方ががっかりせずにモチベーションを保っていられるかもしれません。

ただ、冷え性と1つだけ違う点は頭皮の汚れをしっかりと取るということ。実は頭皮トラブルを抱えているせいで健康な髪が育たず、白髪になっているというケースもあります。生活習慣の改善やストレスを溜めない生活も大事ですが、頭皮環境が悪化していないかチェックしてみてください。乾燥していてフケが出ていたり、皮脂が多かったりしたら要注意。今すぐ頭皮ケアで改善していきましょう。

髪をきれいにするおすすめの食べ物

髪に必要な栄養素は何か

髪をきれいにするにはヘアケアも大事ですが、内側からのケア、つまり食生活とも大きく関係しています。特に食生活は髪の毛の成長に大きく影響が出るものです。髪の毛だって体の一部ですから、私たちが日頃口にしている食べ物の影響は大きいはず。自分の体は自分で作っているのです。

これから髪をきれいにするおすすめの食べ物を紹介したいのですが、一つだけ理解しておいてほしいことがあります。それは食事はバランスよく、規則正しく摂るということです。髪にどれだけ良いと言われるものでも、そればかりずっと食べていたり24時間休みなく摂取し続けるというのは難しいですし、逆に他の食事をしなさすぎというのも困りものです。栄養バランスの良い食事を規則正しくすること、その食事の中に髪をきれいにする食べ物を取り入れてみることが、きれいな髪を早く育てる秘訣となります。

まずは髪に必要な三大栄養素をチェックしてみましょう。

髪の主要成分はたんぱく質なので、たんぱく質を積極的に摂ることは髪にとっても良いでしょう。さらに血行をよくしたりさいぼう分裂を活発化させる力のあるビタミンB2やB6、さらに血管を拡張させるビタミンEもきれいな髪には必要な栄養素です。

そして、意外と知らないのが亜鉛。実は亜鉛は不足しがちな栄養素でもある上に、不足すると髪の毛を作り出すことができなくなってしまいます。食事の栄養バランスを考えることは大事ですが、不足しがちな栄養素は多少意識して取り入れたり、サプリメントで摂取するのも良いほうほうです。

美しい髪を作るのに必要な栄養素を含む食べ物とは

卵

どうせ食べるなら髪に良い栄養素がたっぷり入った食事がいい!でも食事のバリエーションってなかなか増やせませんよね。料理上手ならいいけれど「実は苦手」という人も多いはずです。

そんな人にもおすすめの食べ物が「卵」です。実は卵は髪をきれいにする食べ物としても超おすすめ。美髪に必要な栄養素をいっぱいカバーしている優れものなのです。たんぱく質やビオチンはもちろん、ミネラル、鉄、亜鉛、硫黄、さらにセレニウムなど、髪を健康的に育ててくれる栄養がいっぱいです。普段の生活でも取り入れやすい上に卵料理は簡単にバリエーションを増やせるので、料理が苦手な人にもおすすめの食べ物なのです。

続いて、おやつに最適なナッツも髪にはいいですよ。ダイエットをしている人は間食にはナッツという人も多いと思いますが、ナッツの中でもくるみやアーモンドが髪に良いです。特にビタミンEは若返りの効果もあります。高カロリーなので卵同様、大量摂取ができないのが悩みです。

ヘルシー派の人には豆腐や緑黄色野菜、そして鶏肉が向いています。色の濃い野菜はビタミンCやビタミンAを含んでいるので頭皮を健やかに保ってくれますし、豆腐や鶏肉にはローカロリーで良質なたんぱく質がいっぱいです。ローカロリーなら多少食べ過ぎてしまっても安心です。

正しい髪の洗い方を復習する

今更聞けない正しいシャンプーの方法

髪の毛を毎日洗っている人でも、毛穴に汚れが残っていたりちゃんと洗えていないという人は多いもの。正しいシャンプーをすれば美しい髪が生えてくるとは言われても、そもそも髪の洗い方に正しいも何もあるの?という人に、正しいシャンプーの方法をざっと説明いたします。

これから美髪を作りたいという人や頭皮トラブルに悩んでいる人も、復讐を兼ねて必見です!まずは、シャンプー前のブラッシングからです。ロングヘアーなら特に丁寧にブラッシングして髪のもつれもときましょう。絡まったまま髪を濡らすとそのまま抜けてしまう恐れもあります。髪を無理に抜くと頭皮にも負担がかかりますからね。髪は大事に、頭皮にも優しくが正しい髪の洗い方の基本です。

次に予洗いが十分でないために汚れが落ちていない!という人も結構多いです。湯シャンをする要領できちんと洗っていきましょう。頭皮の汚れを取るのはもちろんですが、頭皮に水分を含ませるという意味でも予洗いは大切です。ぬるま湯で優しく頭皮をマッサージするように洗うのがコツですよ。髪をこすったりする必要は全くありません。

シャンプーは出しすぎず、500円玉程度で十分。洗顔と同じようにきちんと泡立ててから何箇所かに分けて乗せていきましょう。泡タイプのシャンプーであれば泡立てる時間も短縮できますね。

ポイントとしては、下から上に向かって頭皮を洗うということ。髪は上から下に向けて生えているので、逆方向から洗うと汚れ落ちがいいのです。特に頭頂部や耳の後ろ側は洗い残しが多いのでしっかりと洗って皮脂汚れを落としましょう。

最後はきれいにすすぎ、シャンプーを洗い流します。洗い流しが足りない人は多いですが、トリートメントなどの成分を残したいがためにわざとあまりすすがないという人もいますよね。頭皮のためには、完全に洗い流す方が良いです。特に残りやすい首の後ろ、襟足あたりは丁寧に流していきましょう。髪についたシャンプーやトリートメントを流すのも大事ですが、ここでも頭皮をきれいにする感覚ですすぐとよくすすげますよ。

ドライヤーを使ってきれいになった頭皮環境を維持しよう

ドライヤーをかける女性

正しい髪の洗い方で頭皮がきれいになったら、自然乾燥させずにちゃんと乾かすことも、清潔な頭皮環境を保つコツです。どれだけきれいに髪や頭皮を洗ってもそのまま寝てしまったりすれば寝ている間に頭皮の中は雑菌が繁殖して汚い状態に逆戻りです。

髪を洗った後は十分に水気を拭き取り、ドライヤーで乾かしてしまいましょう。髪が濡れた状態で寝るのは髪にダメージがかかるのはもちろん、頭皮にも負担がかかってしまうのです。

切りすぎた髪を早く伸ばすとっておきの裏ワザ

頭皮環境を良くして栄養をたっぷり与えてあげよう

うっかり髪を切りすぎちゃった!待っていれば伸びてくるけれど、正直待てない…早く伸ばしたい、なんて思う人は多いと思います。しかし、髪は1ヶ月に早い人でも1センチちょっとしか伸びません。どう頑張ってもすぐに伸びてはくれないのです。そのため、1日で元通りの長さにするという方法はないのですが、少しでも早く髪を伸ばすための方法を説明します。

まずは髪を作る土台となる頭皮の環境を良くすることです。汚れが詰まってしまっているのは当然NGですが、血行が悪くなってガチガチの頭皮も髪が上手に育たない原因です。頭皮マッサージで血行をよくしてあげることで毛穴も開き、頭皮が柔らかくなって髪が育ちやすくなります。

土台を整えたら、今度は髪を作る栄養をたっぷりと補給しましょう。外側からのケアも大事ですが、内側から栄養を摂るということもとても大事。自分の体は自分が食べているもので作られていると思えば、髪の毛だって同じことです。特に髪の主成分となるたんぱく質を多く含む食事を取り入れましょう。良質なたんぱく質といえば大豆製品です。カロリーは低いのに女性に嬉しいたんぱく質はもちろんイソフラボンが多く含まれています。ツヤのある髪を早く伸ばすのにもおすすめの食材なのです。

髪が生やす土台を作り、髪を成長させる栄養を補給したら、質の良い睡眠を取ってさらにぐんぐんと髪を伸ばしましょう。成長ホルモンが活発になるゴールデンタイムなら、髪にも効果的です。食事で摂った栄養素を上手に活用して髪を成長させてくれるはずです。
大豆

髪を早く伸ばす都市伝説がある

髪を洗わないと髪の毛が早く伸びる、という都市伝説を聞いたことがあります。確かにホームレスの人を見ると髪の毛が長い人が多いです。実際切っていないからというのもありますが、頭を洗ってないのに髪が意外と綺麗なホームレスの人は多いです。

おそらく頭皮に余計な負担をかけずにいるからだと思います。頭皮に汚れが詰まってしまえば、あまり意味はないのですが。頭皮に化粧水をつけて保湿するといい!というのもよく聞きますが、頭皮を保湿すると本当に髪はすぐに伸びます。というのも髪は水分量によって伸び方が違うからです。冬は乾燥しがちな季節だから伸びにくく、夏は伸びやすいなんて言われることもありますよ。しかし大事なのは頭皮や髪の中にどれだけ水分と栄養分があるかだと思います。

いずれにせよ頭皮に負担をかけずに栄養をきちんと与えてあげること、頭皮環境を良い状態に保つことが、早く髪を伸ばす秘訣です!また、髪を伸ばすために効果的に栄養を与えるためにも育毛剤を利用するという手もあります。

頭皮をきれいにしてから育毛剤を使おう

頭皮が汚れていると、どんな育毛剤も逆効果!

高い育毛剤を買っているのに全く効果が出てこない、相変わらず髪はぺたんこ、フケや皮脂が目立つということことはありませんか?荒れた畑では作物が上手に育たないのと同じように、頭皮環境が悪いままではどんな育毛剤も役に立ちません。まずは頭皮をきれいにしてから育毛剤を使いましょう。

育毛剤の効果があまり感じられない人は、自分に合っていない育毛剤を選んでいるか、頭皮が汚いために効果を思うように感じられない場合が多いです。特に頭皮が汚いと、せっかくの育毛剤の成分も頭皮に浸透することができません。毛穴に詰まった皮脂やホコリなどの汚れが育毛剤の吸収を邪魔してしまい、浸透できなくなってしまうのです。どれだけ浸透力の高い育毛剤を買っても、頭皮が汚ければ効果は半減以下。それだけ皮脂やホコリ汚れは憎き存在なのです。

では、頭皮をきれいにするにはどうしたらいいのでしょうか。とても簡単なことで、シャンプーできちんと汚れを取ってしまえばいいのです。今までだって頭は毎日洗っている!という人もたくさんいると思いますが、正しいシャンプー法で頭を洗うことで初めて頭皮の汚れが落ちるのです。逆に間違ったシャンプー法で頭皮に皮脂や汚れを詰まらせてばかりの人は多く、頭皮トラブルに悩まされている人のほとんどが、きちんと頭皮を洗えていないから頭皮環境が悪くなってトラブルを引き起こしているという人なのです。

頭皮の汚れを落とすには何も洗浄力の強いシャンプーは必要ありません。シャンプー前に十分お湯で予洗いをすること、そしてマッサージをするように頭皮を洗い、きちんとすすぐ。これだけでも頭皮の汚れがちゃんと落ちます。髪でシャンプーを泡立てて、泡が全体に髪についたら流すというような洗い方をしていた場合は効果覿面のはずです。

育毛剤の効果が最も発揮できる方法は?

頭皮がきれいになったら今度こそ育毛剤の本領発揮!という前に少し待ってください。まずはしっかりと髪の毛を乾かしてから育毛剤を使いましょう。頭皮や髪が濡れたままの状態で育毛剤を使うと、水分が蒸発する際に育毛剤の成分も一緒に蒸発してしまうのです。乾いた頭皮に使うからこそしっかりと有効成分が浸透します。

また、夜に育毛剤を使うのは最も効果的です。というのも成長ホルモンが分泌されやすい時間に育毛剤を使うことで、髪の成長がさらに促進されるからです。成長ホルモンが最も多く分泌されるゴールデンタイムは午後10時から午前2時。寝る前の支度をする時間としてはちょうどいい時間ではないでしょうか。

夜勤でそんな時間に育毛剤を使えない!という人でも、できるだけ育毛剤が浸透しやすいような頭皮環境を作るためにも寝る前にはきちんと頭を洗い、頭皮の汚れだけはきちんと落としてください。
夜空

若い女性に人気のヘアケアグッズ

美意識高い若い女性はもう使ってる!美髪を作るヘアケアグッズ

若い女性の髪はただでさえ黒々ツヤもあり、ボリュームもたっぷりなので羨ましい限りですが、美意識の高い女性は早くもヘアケアグッズを利用して美髪や美しい頭皮を育てているのです。ノンシリコンシャンプーやトリートメントもいいのですが、髪質によっては絡まりやすくなってしまったりしてあまり向いていない人もいますよね。ここでは誰にでも使えて人気のヘアケアグッズをご紹介いたします。

まずは100均にも売っているヘアケアグッズから。安い美容ローラーは頭皮マッサージに使えます。今では頭皮用のマッサージ器具も100均に数種類売っているので、好みに合わせて購入するのもいいですね。おすすめは熊手のような形になっているヘッドローラーです。力加減が簡単で、シャンプー前はもちろん朝にやるのも気分がシャキッとするのでいいですよ。またヘアターバンやヘアーキャップなどはトリートメント時に使えるので合わせておすすめです。

椿油はひと昔前に流行り、今では椿油を使ったシャンプーまで出てきましたが、最近のトレンドはあんず油です。ほのかなあんずな香りはもちろん良いのですが、ほんの1滴でも毛先になじませればしっとりします。コスパにおいても最強レベルです。シャンプー前に髪になじませることでトリートメント効果もあります。

続いてコスパ最強のスキンケアとしても名高いニベア。実はヘアケアにも使える本当に優秀なものなんです。特にオイルタイプのヘアケアグッズでは髪がぺしゃっとしてしまう人にはおすすめです。頭皮についてしまってもニベアなのでスキンケアもできちゃいます。

少しお金がかかってしまいますが、ヘッドスパ用の器具やスチーマーもそれなりに気持ちがいいです。プロのようなヘアエステ効果を自宅で感じたいというのであればヘッドスパ器具などを奮発して購入するのもいいですね。2〜3万円で売っていることが多いので、美容院に3回行くと思えば十分元が取れるはずです。

洗い流さないトリートメントは仕上がりをイメージして使ってみる

髪のキレイな女性

手軽につやサラ髪を作れる!ドライヤー前には欠かせない!ということで評価の高い洗い流さないトリートメントはやはり大人気のヘアケアグッズです。しかし、洗い流さないトリートメントはシャンプーと同じぐらい種類があるので、「実は何が一番いいかわからない」という人も多いです。

お気に入りの1本が見つかればそれに越したことはないのですが、選ぶ決め手として「仕上がりのイメージ」を基準にするのも良いと思います。例えば寝癖直しやサラサラ感が欲しい人はウォータータイプ、ツヤ感がほしい、しっとりさせたいのであればオイルタイプが向いています。オイルタイプではしっとりしすぎてしまうのであれば、ミルクタイプの洗い流さないトリートメントもおすすめです。

なりたい髪質やヘアスタイルに合わせてヘアケアグッズを上手にチョイスすることで、さらに美髪を作るのが楽しくなります。