お風呂上がりの正しい髪の乾かし方

髪はただ乾けばいいというわけではない

自然乾燥派の人はもちろん、ドライヤーを使うと髪に悪いと思ってしまう人もいますよね。しかし髪の乾かし方次第で、ボリューム調整はもちろん翌朝の扱いやすさも全く変わってきます。パーマのうねり感はもちろん髪のツヤも乾かし方次第で自由自在です。難しいテクニックは必要ありません。正しい髪の乾かし方をマスターすれば、自然と美髪を作り出すことができます。

まずは、濡れた髪の毛には余計な水気がたっぷりです。そのため手で優しく絞って余計な水分をなくしましょう。タオルドライする前に絞ることで、タオルがびちゃびちゃになるのはもちろんドライヤーで時間がかかってしまうのを防ぐことができます。しっかりと水気がとれたらタオルドライをします。タオルの上から、指の腹で頭皮をマッサージするように拭き取って下さい。髪をゴシゴシこするのではなく、頭皮を拭くというイメージです。

頭皮を拭いたら次は髪の毛です。髪をタオルで挟んで、ぽんぽんと抑えながら水気を吸い取っていきます。ここで髪をこするとキューティクルが剥がれ、髪が傷んでしまうので気をつけましょう。髪が長い人はタオルを髪に巻いて少し待つのも自然にタオルが水気を吸い取ってくれるので便利です。

美しい髪を作る正しい髪の乾かし方

タオルドライでさらに水気を取ったらようやくドライヤーで乾かします。しかしその前に粗めのコームで髪をときましょう。細い髪やすぐに絡まってしまうような髪の人は、先に洗い流さないタイプのトリートメントをつけてからとかすとスムーズにとけるようになります。

髪の絡まりをとき、分け目などをつけたら洗い流さないトリートメントをつけて乾かします。トリートメントのつけ方のポイントは、手のひらで伸ばしてつけるのではなく指の間にまでトリートメントをつけて髪になじませること。こうすることで髪全体にトリートメントを行きわたらせることができます。髪のボリュームが出にくい人なら毛先中心に、逆にボリュームが出て困るという人は髪の毛全体にトリートメントをつけて、髪の毛を全体的に乾かしていきましょう。大事なのは、ドライヤーと髪の毛は10センチ以上離して根元から風をざっと当てていくということです。

キューティクルは毛先に向かっているので根元から毛先に向けて風を当てると簡単に整えることができます。また、ドライヤーを左右に振って風を散らしながら当てると髪へのダメージをおさえられます。毛先は特にダメージを受けやすく、すでに傷んでいるということも多いので一番最後に乾かすようにしましょう。もうほぼ乾いたかな?というぐらいで一旦止めます。その後はセットモードに切り替えて毛先を巻いたり、冷風をあてて冷ますとまっすぐなサラサラヘアをキープできます。

ヘアカラーをきれいに長持ちさせる方法

カラーリングをしたその日にシャンプーOKか

ヘアサロンできれいにカラーリングしてもらったのに、すぐに色落ちしてしまったなんて経験はありませんか?ヘアカラーの色落ちの原因を知って、きれいな髪色をいつまでも保ちたいものです。

ヘアカラーで髪が染まる仕組みを簡単に説明すると、カラー剤には入っているアルカリ剤がキューティクルを開き、その内部にカラー剤が入ることで毛髪内部にあるメラニン色素を分解し、染料を発色させているということになりますが、このキューティクルが剥がれたままではせっかく髪の内部に浸透させた染料がどんどん流れてしまうのです。これが色落ちとなってしまいます。そのためヘアカラーをきれいに長持ちさせたいなら、キューティクルをきれいに保つことが大事です。

とはいえ、キューティクルを保つって何?難しいことしたくない!と思うのが普通です。まずはシャンプーを2〜3日避けることから始めましょう!ヘアサロンでカラーリングをした時は、「その日にシャンプーしても平気です」と言われることも多いです。確かにシャンプーても問題はないですが、髪に色が定着するまで48時間はかかると言われています。翌日が仕事だったり汗をかいたりすると辛いですが、休みの前に行ったりどうしてもという時は頭皮を優しく拭いてみたりするだけでも違うはずです。

また、シャンプーをする時は熱いお湯は使わないこと。熱いお湯で洗うとキューティクルが剥がれやすいので、結果として色落ちを促進させてしまいます。キューティクルが開けばヘアカラーの色落ちだけでなく髪を生成しているタンパク質まで流れ出てしまうので、ダメージヘアの原因にもなります。できる限りぬるま湯でシャンプーをするといいでしょう。

必要以上に髪を濡らさないことや、髪の毛を乾燥させないことも大事

少しぐらいの雨なら…と傘をささずに出たり、汗をかいたりして髪の毛を濡らしてしまうことはありませんか?実は雨や汗で髪が濡れてしまうのも、ヘアカラーの染料を流してしまう原因となるのです。大事なのは必要以上にキューティクルを開いてしまわないことです。

当然のことですが髪の毛を濡らせばキューティクルは剥がれやすく、当然染料も流れやすい状態となってしまうのです。ヘアカラー直後に汗をかいたからタオルでおでこを拭いてみたら、うっすらカラー剤がタオルについていたなんてこともあります。

また、髪が濡れるのはダメ!と思ってドライヤーやコテ、ヘアアイロンなどを使いすぎてしまうのも問題です。ドライヤーやコテは髪をセットしたり頭皮を乾かすにはとてもいいのですが、使いすぎてしまえば当然髪の毛の水分量が減り、髪はパサパサになってしまいます。パサパサで痛んだ髪は当然キューティクルが開きっぱなし。痛んだ髪ほど色落ちが早いのは、常にキューティクルが開いていて染料がたちまち流れ出てしまうからとも考えられます。

キューティクルをなるべく剥がさないように保つことがヘアカラー流出を防ぎます。ちょっと気を使うだけでも十分に長持ちさせられることができます。

髪が湿りやすい人がさらさらな髪を手に入れる方法

髪に余計な水分を含ませないようにするといつまでもさらさら!

梅雨はもちろん、突然の雨など、湿気がると髪がまとまらない!広がるしうねるしセットした直後はさらさらだったのにどうして!?と思ってしまう人もいるでしょう。

特に夏は気温が高いので頭皮の汗によって蒸れてしまいます。さらさらだったのに、気が付いたら根元はうねっているしアホ毛まで…なんていうのはよくある話。私はくせ毛なので、梅雨や夏以外でも常に湿気は大敵でした。髪質が原因かと諦めかけてはいましたが、髪を洗った後に髪をしっかりと乾かすだけでかなり改善されたのです。

どうやら湿気を帯びると髪がうねってしまう原因は、髪の毛の内部の水素結合が影響しているようです。髪を半乾きにしているだけでくせが出たりうねってしまったということはよくあると思いますが、これは髪の毛に余計な水分が入ってしまったため、水素結合が切れてしまい髪が曲がってしまったりするのです。

そのためドライヤーでしっかりと乾かせば水素が結合し、さらさらでまっすぐな髪をキープすることができるのです。根元から毛先に向けて乾かすと髪がさらさらになるのはもちろん手触りもよくなって、テンションも上がります。髪を乾かしすぎるのはよくない!と思って多少半乾きで寝ていた私ですが、毎日ドライヤーで髪の毛をきちんと乾かして寝るようにしたら、多少雨が降った日や湿気が多い日でも扱いやすい髪の毛になりました。

また、髪が乾燥していると水分を吸収しやすくなってしまいます。そのためパサついた髪は湿りやすいので、髪に水分を補給するのはもちろん水分が蒸発しないようにするトリートメント剤を使ったりするのも効果がありました。

洗い流さないトリートメント、時にはシリコンもさらさらキープに役立つ

最近はなんとなくシリコンは悪!というようになっているのか、ノンシリコンシャンプーやトリートメントが流行っていますよね。確かにシリコンは頭皮に付着すると洗い流すのが大変で、頭皮の毛穴を詰まらせてしまう原因にもなります。しかしシリコンがないと痛んだ髪のケアや保湿はもちろん、補修効果もあまりなさそうです。

実は、髪の水分量を保つためにはキューィテクルの補修が必要となるため、シリコンが入っているシャンプーやトリートメントも有効という話もあります。また、髪が細い人や絡まりやすい人はノンシリコンのものだと髪が毛玉のように絡まってしまい、逆に髪を傷めてしまうという場合もあります。シリコンは髪と髪の摩擦を防いでスムーズな指通りにする役目もあるので、完全悪のようには思えないのが本音です。

また、髪の水分量を保つのに有効なのであれば、使わない手はありません。髪が湿りやすい毛の人はなおさらのことです。特に洗い流さないトリートメントの中でも痛んだ髪を修復するようなタイプのものは、シリコンは必須です。ノンシリコンの方が髪に良いから!と信じきるのではなく、髪の状態に合わせて使っていけるといいですね。

自宅で出来るおすすめトリートメント

自宅にいながらサロン帰りのヘアトリートメント効果を出す方法

ヘアサロンに行った後は、痛んでいた髪もツルツルになって「こんな手触りがいつまでも続けばいいな」と思ってしまうものですよね。そう思うのなら、いっそ作ってしまいましょう。

ヘアサロン顔負けのトリートメント剤を!ということで、ここでは自宅にあるものや簡単に用意できるもので、極上のトリートメントができる方法をご紹介します。毎日サロン帰りのような手触りの良い美髪を作ることができます。

まずは手持ちのトリートメントに、あんず油を混ぜて毛先に馴染ませるトリートメント法からです。一昔前は椿油が流行りましたが、今はあんず油がトレンドです。あんずの種子から圧搾されるオイルは不乾性のもので、髪を保湿や保護の役割を果たします。しかもあんず油に含まれるオレイン酸やミネラルは美しい髪を作るためにも有効な成分です。また、ドライヤーの熱から髪を守ったりすることも。いつものトリートメント剤に数滴あんず油を垂らして混ぜ、使うだけで効果が違うと実感できるはず。是非お試し下さい。

いつもは忙しくても、休みの日は少し時間をかけてトリートメントをするとさらに大きな効果を得ることができます。髪のお手入れも時間をかけてあげれば自宅も簡単にヘアサロンに変わってしまうのです。ここで用意するのは洗面器といつも使っているトリートメントです。さらに精油を用意します。あんず油もいいですが、ラベンダーやカモミールなどもあります。

特に髪にツヤをあたえてくれるというローズマリーオイルが私が使った中ではイチオシです。洗面器にはいつも使うトリートメントの2倍の量をまず入れます。そして精油を3滴ほど混ぜ、髪の毛の真ん中あたりから毛先に向かって馴染ませます。特に毛先は揉み込むようにするといいです。よく馴染ませたらホットタオルでパックしてしまいます。10分ほどして、タオルが冷めてきたらよくすすいで終わりです。

洗い流した時はあまり効果を感じませんが、乾かした後が違います。「私の髪、こんなツヤあったっけ!?」と思ってしまうほど。作り方も簡単な上にホットパック中は自由に過ごせるので楽です。入浴中に行うと、トリートメントがさらに浸透しやすく、効果が上がります。

自宅で天使の輪っかを作ってみよう

天使の輪っかは健康で美しい髪の象徴!ぱさつきがちな髪にはどうしてもツヤは少なく、天使の輪っかからは程遠いなんて人もいると思います。

天使の輪っかを作るには、トリートメント剤を均一に髪に馴染ませることが大事です。手を使って揉み込むのはもちろん、粗めのコームでしっかりと馴染ませましょう。十分に馴染ませたら、先述と同じようにホットタオルを頭に巻きます。ここで、普通は流してしまうのですがさらにツヤが欲しい時はここで洗い流さずに、天使の輪っかが欲しいところにトリートメントを重ねづけして、さらにホットパックを5分ほど。その後はよく洗い流せば完成です。

乾かしてみると、ダメージが進行しすぎている私の髪の毛でも、天使の輪っかができました!毎日は時間的に無理でも、週1ぐらいなら自宅でも簡単に出来るケアなのでおすすめです。